建設業法の一部改正の施行

令和2年10月1日から一部改正(令和元年6月12日に公布)された建設業法が施行されました。
 主な改正の概要は次のとおりです。
(1)建設業経営に関し過去5年以上の経験者が役員にいないと許可が得られないとする現行の規制を見直し、今後は、事業者全体として適切な経営管理責任体制を有することが求められることになりました。
(2)健康保険、厚生年金保険、雇用保険について、建設業者がその加入義務が課されている保険に加入していることが必要になりました。
(3)合併・事業譲渡等に際し、事前認可の手続きにより円滑に事業承継できる仕組みが構築されることになりました。

コメント


認証コード3291

コメントは管理者の承認後に表示されます。