風俗営業・禁止行為

 こんにちは。

 今日は、『風俗営業・禁止行為』についてです。

 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第22条で

は、風俗営業者の禁止行為について規定しています。

 (禁止行為)

 風俗営業を営む者は、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 当該営業に関し客引きをすること。

(2) 当該営業に関し客引きをするため、道路その他公共の場所

   で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。

(3) 営業所で、18歳未満の者に客の接待をさせ、又は客の相手

   となってダンスをさせること。

(4) 営業所で午後10時から翌日の日出時までの時間において18

   歳未満の者を客に接する業務に従事させること。

(5) 18歳未満の者を営業所に客として立ち入らせること(第2

   条第1項第8号の営業に係る営業所にあっては、午後10時

   (同号の営業に係る営業所に関し、都道府県の条例で、18歳

   以下の条例で定める年齢に満たない者につき、午後10時前の

    時を定めたときは、その者についてはその時)から翌日の日

    出時までの時間において客として立ち入らせること。)。

(6) 営業所で20歳未満の者に酒類又はたばこを提供すること。

 最後までお読み頂き、有難うございます。

コメント


認証コード3187

コメントは管理者の承認後に表示されます。