食品衛生法

 食品衛生法は、「食品の安全性の確保のために公衆衛生の見地から必要な規制その他の措置を講ずることにより、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止し、もって国民の健康の保護を図ることを目的」として、昭和22年12月24日に制定されました。

 ここでは、飲食店営業者になるうえで知っておかなければならい食品衛生法の条文を掲載しています。

食 品 衛 生 法