風俗営業許可が必要な場合

 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「法」といいます。)第3条では「風俗営業を営もうとする者は、風俗営業の種別(法第2条1項第1号から第5号まで)に応じて、営業所ごとに、当該営業所の所在地を管轄する都道府県の公安委員会の許可を受けなければならない。」と規定しています。

風俗営業許可の対象となる営業

種   別内          容
接待飲食等営業1号営業:キャバレー、待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業
2号営業:喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食させる営業で、営業所内の照度を10ルクス以下として営むもの
3号営業:喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食させる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの
遊技場営業4号営業:パチンコ店、パチスロ店、マージャン店等
5号営業:ゲームセンター、ゲーム喫茶、カジノバー等