風俗営業とは

 風俗営業とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(以下「法」といいます。)第2条第1項第1号から第5号までのいずれかに該当する営業をいいます。
 風俗営業は、性的サービスを提供する性風俗関連特殊営業とは法的に区別されています。

営業種別と営業内容

1号1号営業・社交飲食店、料理店等
 キャバレー、待合、料理店、カフェーその他設備を設けて客の接待をして客に遊興又は飲食をさせる営業

2号2号営業・低照度飲食店
 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食させる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った営業所内の照度を10ルクス以下として営むもの(前号に該当する営業として営むものを除く。)

3号3号営業・区画席飲食店
 喫茶店、バーその他設備を設けて客に飲食させる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの

4号4号営業・マージャン店、パチンコ店等
 まあじゃん屋、ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業

5号5号営業・ゲームセンター等
 スロットマシン、テレビゲーム機その他の遊技設備で本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、又はこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業(前号に該当する営業を除く。)