知事許可と大臣許可

 建設業許可は、都道府県知事許可と国土交通大臣許可に区分されます。この区分は工事の請負金額、業種の別に関わらず、営業所の所在地によってなされます。

 営業所が1箇所で、1つの都道府県内にある場合は、その営業所の所在地の都道府県知事の許可が必要です。

 営業所が2箇所以上あって、2つ以上の都道府県内にある場合は、国土交通大臣の許可が必要です。

 ここでいう営業所とは、本店、支店及び常時建設工事の請負契約を締結する事務所をいい、(1)請負契約の見積り、入札、契約締結などの実態的な業務を行っていること、(2)電話、机、各種事務台帳等を備え、居住部分などとは明確に区分された事務室が設けられていること、(3)(1)に関する権限を付与された者が常勤していること、(4)技術者が常勤していること、の要件を備えていることが必要です。