トップ>技術者の設置

技術者の設置

 建設業法は、建設工事の適正な施工を確保するため、工事現場における建設工事の技術上の管理を司る者として、建設工事の種類、請負金額、施工上の元請・下請の別などに応じて、建設工事の施工に関する一定の資格や経験を持つ主任技術者又は監理技術者の設置を義務付けています。
 営業所(店舗)についても、建設工事に関する請負契約の適正な締結やその履行を確保するために専任技術者の設置を義務付けています。
 建設業者は、請け負った建設工事を施工する場合には、請負金額の大小、元請・下請に関わらず、必ず工事現場に施工上の管理を司る主任技術者を置かなければなりません。
 発注者から直接工事を請け負い(元請)、そのうち4,000万円(建築一式工事の場合は6,000万円)以上を下請契約して施工する場合は、監理技術者を置かなければなりません。
 なお、主任技術者及び監理技術者は、営業所に置く専任の技術者の資格と同じです。
 この主任技術者及び監理技術者は、建設業者と直接的、かつ、恒常的な雇用関係にあることが必要とされ、在籍出向者等は認められていません。