建設業法

 建設業法は、「建設業を営む者の資質の向上,建設工事の請負契約の適正化等を図ることによって,建設工事の適正な施工を確保し,発注者を保護するとともに,建設業の健全な発達を促進し,もって公共の福祉の増進に寄与することを目的」として、昭和24年5月24日に制定されました。

 ここでは、建設業許可業者になるうえで知っていなければならない建設業法の条文を掲載しています。

建 設 業 法