建設業とは

 建設業とは、元請(発注者から直接、工事を請け負うことをいいます。)・下請(元請人から工事の一部を請け負うことをいいます。)その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事(土木建築に関する工事で、土木一式工事・建築一式工事を含め、28種類の工事をいいます。)の完成を請け負う営業(営業とは、営利の目的をもってその業務を反復継続的に行うことをいいます。)をいいます(建設業法第2条)。